おすすめのもの 書籍、レシピ本

元気が出ないとき、落ち込んだときに読むおすすめの本『びんぼう神様さま』

 

 

私が元気が出ないとき、やる気が起こらないときに読む本があります。

 

それがこの本、『びんぼう神様さま』

 

この書籍の最後に書いている方のおっしゃる通り、「人間のすばらしさを描いた物語」です。

 

素晴らしいお話ですし、本当に面白い!

びんぼう神どんの健気さや松吉親子の生き方、感謝の行動に感心したり・・・。

 

 


びんぼう神様さま

 

この書籍は、数年前にツアーでも持って行ったこともあります。夢中になって読んでるお客様もおられました。

 

『びんぼう神様さま』とは?

 

びんぼう神とは名前の通り、びんぼう神がその家にいると、その家が貧乏になっていきます。ですから、あまりうれしくない神様ですよね。(^^; でも松吉の家は、びんぼう神に感謝をし、神棚まで作って拝むのです。

 

そんなことをされたことのないびんぼう神どんはビックリ!

松吉(まつきち)の家にびんぼう神が住みつき、家はみるみる貧しくなっていきます。ところが松吉は悲しむどころか、なんと神棚を作ってびんぼう神を拝みはじめました。「なんで嫌われもんのわしを?」不思議がるびんぼう神はやがて・・・。

『びんぼう神様さま』高草洋子著 地湧社より

 

いつも感謝をあらわしてばかりの夫婦、家族。びんぼう神さえ感謝して神棚まで作って手を合わせて感謝を伝える夫婦。

 

貧乏で苦しんで夫婦で罵り合うのかと思ったら、そんなことにならないので、びんぼう神どんは最初はおもしろくなかった。

 

そのうち、びんぼう神どんは、こんなことを思うようになります。

 

「なんでわしみたいなもんを神さんとして作りなさったんじゃろか?なんで人が苦しんだり悲しんだりするようなことしかできんわしが、鬼じゃのうで神さんなんじゃろか?」

 

というびんぼう神どんの心の葛藤に、大神さまがなんとお答えになったか?

 

びんぼう神はどんどん目覚めて行動にうつします

 

福の神どんの話には、人間が我欲を持てば持つほど神は離れていくことを、びんぼう神どんに話をします。

 

そして福の神どんからのアドバイスで、大神さまにお聞きしてはどうか?と言われ、ひんぼう神どんは大神さまから貴重なメッセージを得ることになりました。

 

それから、びんぼう神どんには、いろんな「試練」が起こります。

 

福の神どんがくれた「種もみ」での松吉夫婦の葛藤、松吉夫婦の一粒種の子供の病気・・・。

やがて村の人たちやいろんな神様や仏様も巻き込んで、大きな展開となります。

びんぼう神どんは、自分のできる精一杯の方法で松吉家族を助けようと奮闘するのです。

 

利他愛の実践が大切。それが本当の幸せ

 

利他愛の実践って何だろう?

そんなことを教えてくれるのがこの本です。

子どもさんと一緒に読んだり、読み聞かせしてもいいのではないかな~と思うのです。

 

びんぼう神どんの思いや言葉に、涙が出そうになる本です。

びんぼう神どんの心の葛藤に、思わず応援したくなります。

この人のために一生懸命何かをやりたい!助けたい!という愛の実践でいっぱいのびんぼう神さん。

 

びんぼうは辛いことでもありますが、びんぼうだから理解できる大切なこともある。

 

びんぼう神どんも、大神さまの一部。実は私たち人間も、神様の一部、分け霊(わけみたま)なのですね。

 

このお話は、一部ずつコピーして友人に送ったり、まとめてわら半紙に印刷にしてくれるひと、たくさん欲しいという申し出、いろんな人の好意が集まって、望まれて望まれて幸せにもこの本ができた、という経緯があったそうです。

 

たくさんの人たちに支持されてできた素晴らしいお話。

 

読み終わったあと、心がホッコリすることでしょう。自分の心が癒されて、「またがんばろう!」っていう気持ちになります。

 

人の為に何かをする「利他愛」の心が、とても大切だと理解する本です。子どもさんへのプレゼントにもいいと思います。

 

皆さんに読んでいただきたいと思います。

 

 


びんぼう神様さま

 

-おすすめのもの, 書籍、レシピ本
-,

Copyright© ひらけ!開運の扉 , 2021 All Rights Reserved.